女子みんなが憧れだった学年一かっこよかった彼の哀れな姿

女性陣の中で「同窓会で誰に会いたいか」と話題になったときに、
必ず名前が挙がっていたのが、
中学生の時に学年で一番かっこよくて人気のあった彼の事でした。

私もひそかに憧れていて「どんな感じになったんだろう」
と当日は楽しみにしていたのですが、
同窓会の会場のどこを探しても「イケメン男性」が見つかりません。

年齢的にも45歳ということもあり、
男性陣はおじさんまっしぐらといった感じで、
おなかが出た中年体型の人ばかりでした。

友人たちと「来てないのかな?」と話していたところ、
別の友人が小走りに私たちのところに寄ってきて
「いるよ。見てあそこ」と指さしたその男性の姿に唖然としました。

よれよれのスーツに身を包む頭の薄い男性こそがみんなの憧れの人だったのです。

そのとき周りにいた友人たちが一斉に「あ~あ」と深いため息をつきました。

なんでも、子供が4人もいて奥さんの実家で同居中だそうで、
昔の面影は全くないほど苦労した姿の彼がいました。

ありがちなことですが、
昔かっこよかった人ほど劣化が激しいので、
思い出のまま現実を見ないほうが無難だと感じました。